2019.03.06 酒と"TAKE OVER YOU"とBirthday Live

本日はアーキテクト役の山村響さんのニューアルバム"TAKE OVER YOU"が発売ということで、先立って行われた2月10日(日)の"山村響 Birthday Live 2019 「Drow the Moments, Sing the Moments」"の感想を含めた記事を書きましたです。




タワーレコード渋谷店さんにて"TAKE OVER YOU"と併せて頂いたのが、新人演歌歌手山響子(やま きょうこ)さんのカセットテープ"浸り酒"!!
こちらはBirthday Liveの会場にてアルバムを予約入金すると特典として頂戴出来る代物。
山響子さんの誕生経緯としては、今アルバム"Rainy Rainy"の収録中「2番を崩して」とディレクションが入った際に演歌っぽくなり、それが何だかハマったようで、フルで収録。「演歌なら"雨、雨。"だね!」→「演歌歌手なら一文字が良い…山さんにしよう!」→「山 響子さんで!!」との流れだそうです(笑)創作の現場で思いがけず誕生した系の話は素敵ですね~。
新曲として録り下ろしたA面に"浸り酒"、B面に上記の経緯で誕生した"雨、雨。"が収録されています。昨今のシングルCDではA面B面、両A面等の振り分けがありますが、もしかしたらカセットテープからこのスタイルを受け継いでいるのかもですね(よく調べていませんがw)。


個人的にカセットテープに触れたのは約18年振りで、再生機器を持っていなかった為、近くの電気屋さんで購入。本機は録音機能が付いている為、山さんのテープが入った状態で(REC)ボタンを押してしまった日には大惨事ですw


早めにアナログ録音でPCに取り込みたいと思います(なんだか昔を思い出しますね)。

浸り酒
SNSでもビールジョッキ投稿が目立つ響さn…そう言えば響さんと山さんは別人らしいです(笑)。山さんの好きがとても表れた曲で、どこか田舎のお祭り会場とかで流れていそうです。テープの再生にはどうしても摩擦が生じ、雑音を0にすることが出来ないのですが(確かMDやCDも極論0には出来なかった気が…)、その雑音が味を出しています。めっちゃ演歌です。こぶしも上手過ぎて「この人なんで声優やっているの?」(褒め言葉)というのが素直な感想です。にしてもどんだけ好きなんですか?ぇぇぇ…

雨、雨。
"Rainy Rainy"と同じ演奏とは思えない演歌です。機会があれば生で歌う姿を拝見したいと思いました。間奏の台詞もさながらです。先程も書きましたが、創作をしていくとこういう作品の爆誕もある様で、芸術の素晴らしさを垣間見ました。



さてアルバム"TAKE OVER YOU"の楽曲ですが、Birthday Liveの感想と共にお送り致します。。
(筆者の雑メモ起こしなので差異等あると思います※一部の許可された楽曲を除き、撮影や録音は一切しておりません)


フレームアームズプロジェクト



WF2019[冬]参加後、渋谷WWWさんへ。

ミラーボール輝く場内に
Drow the
Moments,
Sing the
Moments.

と、響さんご本人が描かれたロゴがスクリーンに映し出されていました。
ステージ左にキーボード、ベース、中央にドラム、マイク、右にギター
客席はオールスタンディング仕様。

18時45分頃、約2時間のライブの幕開けです。

◆01 Allegro
◆02 Let's Jump High!
◆03 Take Over You
響さんは黒のドレスに白い髪飾り姿で登場。
カラオケですぐに喉が乾く筆者、いきなり3曲もぶっ続けですげー!と思いました(←そういう感想ではなくw)
水が事前にステージに置いて無いトラブルに響さんもおこでした(怒ってはいない)
「飲んで良い?」と観客に聞く様子が可愛いかったです。
DJ’TEKINA//SOMETHINGさんのアルバム"BLUE"で響さん(hibiku名義)がフィーチャーされている"Allegro"からライブはスタート。透き通った高音が気持ち良いです。[allegro]とはイタリア語で、陽気な,快活なという意味、音楽用語でいうと速くという意味だそう。"Let's Jump High!"は未来へと進むことを明るく後押ししてくれる楽曲。サビの「ハイ!」で飛ぶのが楽しかったです。会場の安全を考慮し、光り物を必要としない響さんのライブスタイルならではのハンドワイプは去年と同様、十分に楽しめました。響さんが今アルバムで一番好きという"Take Over You"は、収録の際にデモを聞いて号泣されたそうです。「You(右)You(左)You You(中) 」の指差しでの振りは「あなた(自分)を連れて行くイメージ」でとのこと。怖いですが、前に進む為に少しずつでも変わっていけたら…そう、響さんと共に!!すごく勇気を貰えました。光り物を必要としないライブスタイルと書きましたが、今回は安全を考慮した光るブレスレット(折って巻くタイプ)を新たな試みとしてグッズ導入しておりました。ブレードは今後も無いかと思われますが、ブレスレットなら安全面的に今後も有りな気がします。手の長さ内に収まりますしね(^^

◆04 Love Trick
◆05 No Selfie
今アルバムにおいて製作陣からの評価がダントツという"Love Trick"。2人のダンサーさんも加わったカッコイイ楽曲は場内のミラーボールがとても似合ってました。まだ歌ったことないタイプの曲に製作時は戸惑い泣いてしまい→製作陣「何故泣く!一生懸命作ったんだぞ!」…との一悶着もあったそうな。。"No Selfie"は自分を偽り生きている人が真実の自分を求めるクラブテイストな楽曲。現代社会に誰しもが抱えるであろう感情を表現されたものでした。そしてまたミラーボールが似合う似合う…
今までに無い引き出しに戸惑いながらも挑戦して行く響さん。昔を懐かしみつつも、新しい景色、色んな可能性を求めて進み続ける姿は本当に尊敬します。「話し出すとどこまで喋って良いか分からなくなる」という響さんのトーク。上手とは言えませんが、その中から伝わってくる日々の並々ならぬ努力が感じられて筆者はとても好きです。


響さんがステージから一旦捌けた後、
「レコーディングはどうでしたか?」「どんな一年にしたいですか?」等の質問に答えつつのメイキング映像がスクリーンに。何を作るにも色んな方々の沢山の頑張りが詰まっているのですね。。


◆06 Rainy Rainy
◆07 sweet error
アーティスト写真同様と思われる黄色のドレス姿で再登場する響さん。"Rainy Rainy"は記事上部で記載した"雨、雨。"の元の曲(笑)これから訪れる雨季に部屋で静かに聞きたいです。壮大な演奏は心にも響くもので、響さんはいつか弦の生演奏で歌ってみたいと。"sweet error"は蒼き鋼のアルペジオのアルバム"Purest Blue"より、ハルナのキャラクターソング。ハルハル良いよね、ハルハル。




◆08 ハジマリの合図
◆09 笹塚
◆10 キミが音楽を聴く10の理由
前アルバム"Love Magic"に移りましての"ハジマリの合図"。筆者、歌詞が大好き過ぎるんです…あまり載せ過ぎると怒られるかもですが、「小さな両手で守ってきた部屋 もう壊して きみのその手で 引き金引いてくれたら どこへだっていける」いやぁ…これホント一歩踏み出したい時に絶対に聞いて欲しい曲なんですよ…辛い時に響さんが引き金引いてくれる妄想なんです…本当すこ。本当すこ。。"笹塚"は響さん自身にいろいろあった街として、今だから歌える曲として発表されたそんな気がします。多言は避けますが、筆者も笹塚にはお世話になったのでちょっぴり共感だったり。キミが音楽を聴く10の理由はヒゲさんのアルバム"4UP"より。1から数えつつ音楽に感謝する素敵な楽曲。今日も音楽を聴きましょう。そして感謝。

◆11 ダイキライダヨSNS
◆12 はだしのお姫さま
◆13 太陽と月に捧げる花束
なんと"ダイキライダヨSNS"のみ撮影OKということで、何枚か撮らせて頂きました。イントロは手拍子の予定だったのですが、皆さん手にスマホを持っており、手拍子が出来ないという事案発生で会場が笑いましたwww無くても死にはしないけれど無くては困る存在となったSNSへの否定?反発?(なんと表現したら良いのやら)楽曲です。現代の文化を捉えた面白いものとなっていて、リズムも良く耳に残ります。SNSにのめり込み過ぎには注意しませう(^^;)"はだしのお姫さま"はサビの盛り上がり方が好きです。響さんが「わたしらしく」を大事に歌詞に込めた想いがとても美しいです。"太陽と月に捧げる花束"は優しく身体に響くバラード調で、歌詞が響さんのご両親を太陽と月、ご自身を植物に比喩したとても暖かい歌詞で、素敵です(語彙力)。素敵です。素敵以外の言葉が思い付きません。是非聴いて下さい!!!










「次で最後のブロックです!」と響さんが言うと、会場から「そこをなんとかー!」と声が入り笑ってしまいましたが、本当あっという間でしたので会場全体が同じ気持ちだったと思います。

そして、Birthday Liveということでここで誕生日ケーキ(キュアトゥインクル&天ノ川きらら)が登場!会場でお祝いしました(^^
まじめ過ぎで、いつも理想が高くて「あそこに行きたいなぁ」と思ってばかり。上手くいかない自分が嫌になる時があるけれど「今、この瞬間」の私があるからこそ、過去があって未来がある。「今、この瞬間」を大事にしたい…思いの丈を語って下さいました。進む過程において焦ってしまうことがあると思いますが、筆者も「今、この瞬間」を大事に一歩一歩進んで行けたら良いなと思いました。

◆14 Love Magic~素直になれないアタシが最高に可愛くなれる魔法~
◆15 ロールプレイグライフ
アルバムタイトルでもある"Love Magic"。この曲は声優としての山村響さんがとても表れたもので、例えば、我々アニメ視聴者は響さんが演じられたキャラクターに励まされたり、恋をしたり、癒されたり、渇を入れられたり、救われたり…すると思うのですが、それと同時に響さんご自身も実は励まされている(魔法をかけられている)歌詞になっています(解釈合ってますかね???)。昨年2月12日のライブにて響さんが「普通の女の子である私が声優をやれていることはとても幸せ」というようなコメントをされていたのを思い出したのですが、この曲にはご自身が演じてこられたキャラクターに対する愛がとても詰まっています(※アーキテクトも出てくるので皆さん必聴ですよ!!!!)。響さんあってのキャラクター。そしてキャラクターあっての響さんなのですね。。ライブ最後の曲である"ロールプレイングライフ"はヒゲさん編曲のアップテンポな曲調。ゲームの「出会い」には意味がある様に、人生の「出会い」にも意味がある。「出会い」に感謝しながら、合いの手でお腹から叫んでおりました。オー!オー!オー!オー!オー!オオー!


◆encore1 爪痕
Drow the
Moments,
Sing the
Moments.

のTシャツに着替え、アンコールに登場。アニメ「ダンス イン ザ ヴァンパイアバンド」のED。ライブ前の発信では「キャラソンが1曲(sweet error)に、それなの!?って曲が1曲」と仰っていましたが、ここで登場の様です。なんとアニメ放送は2010年1月!!!!因みに筆者は当時まだ学生という(おっと)。このアニメと曲の存在は(知っている程度には)知っておりましたが…(デビュー曲)9年前ですか…(感慨深い方には相当の年数だと思います)

ギターやドラムの方々の紹介で、何故かトトロの曲縛りで弾いているのは面白かったです。

会場をバックに記念撮影。ここで筆者はワンフェス後いらした某プロデューサーを確認しました。来年は劇場版の曲ですね!(振り)

◆encore2 Swing around
もう兎にも角にも聴いてくれ!という一聴瞭然の超超超アップテンポミューーーーージック!!!ヒゲさんのガヤ等が入っており、めっちゃ騒いで踊りたくなる系のヤバイやつ。響さんが「声帯の限りを尽くした」と、様々な声質で演じ分けているのも聴き所。本日のライブはこの為に来たと言っても過言では無いという方も多いのでは???タオルぶんぶん振り回しながら、ノリノリの合いの手も良きでした。はーーーー楽しい。


◆encore3 タブレット
最後の最後の曲となりました。先程響さんが仰ってらした「今、この瞬間」。過去が有り、今が有り、未来が有る。当たり前なんだけど、そのどれもが大事。それを優しく語りかけるバラード。今日のライブは過去になってしまいますが、それを経ての今があるし、そして未来がある。何か行き詰った時に今日のことを思い出して、少しでも良い今や未来を向かえられるようにと、この曲が包み込んでくれた気がします。------------------------------
セットリスト

01 Allegro(BLUE - DJ’TEKINA//SOMETHING)
02 Let's Jump High!(TAKE OVER YOU - 山村響)
03 Take Over You(TAKE OVER YOU - 山村響)

04 Love Trick(TAKE OVER YOU - 山村響)
05 No Selfie(TAKE OVER YOU - 山村響)

06 Rainy Rainy(TAKE OVER YOU - 山村響)
07 sweet error(Purest Blue - ハルナ ※蒼き鋼のアルペジオCS)

08 ハジマリの合図(Love Magic - hibiku)
09 笹塚(Love Magic - hibiku)
10 キミが音楽を聴く10の理由(4UP - ヒゲドライバー feat.山村響)

11 ダイキライダヨSNS(Love Magic - hibiku)
12 はだしのお姫さま(Love Magic - hibiku)
13 太陽と月に捧げる花束(Love Magic - hibiku)

14 Love Magic~素直になれないアタシが最高に可愛くなれる魔法~(Love Magic - hibiku)
15 ロールプレイグライフ(Love Magic - hibiku)

encore1 爪痕(爪痕 - hibiku ※ダンス イン ザ ヴァンパイアバンドED)

encore2 Swing around(TAKE OVER YOU - 山村響)

encore3 タブレット(TAKE OVER YOU - 山村響)

------------------------------









最後にちょっと前回ライブも踏まえ…

記事冒頭にて、アーキテクト役の山村響さんと書きましたが、筆者はFAガールで響さんを知りました。昨年2月12日のライブにもお邪魔させて頂いたのですが、参加理由としては「響さんライブやるって!バースデーなんだって!」というものでした。響さんをもっと知りたかったのですね(当時のライブやCD名義はhibiku)、あまり気負わず予習もせずに行き、FAガールのEDである"FULLSCRATCH LOVE"は当然嬉し楽しだったのですが、この時のライブで筆者はとんでもない衝撃を受けました。

エガオマニア
前奏が流れた瞬間、会場のボルテージの上がり方が半端なかったのです(ライブの盛り上がりとしては間違いなく最高潮でした)。
筆者はただただ「なんだこの曲は!???」状態でした(ライブ前に音源別取りの様子を発信されていたので、予習されていた方々は知っていたと思います)。
響さんも出演されている、アニメ「蒼き鋼のアルペジオ」から誕生した男性ユニット「Blue Steels」さんの楽曲なのですが、アップテンポな曲調,熱い歌詞,合いの手のノリの良さ…身体が震えました(ライブ終盤の今曲、そしてこの次に歌われた"Blue Destiny"含め、響さんと言えばアルペジオ、そしてTridentというのが表れたセットリストだったと思います)。



筆者はライブ後、アルペジオを見まくりました。そしてめちゃ泣きました。新たな作品との出会いです。そして新たな響さんのことを知る機会ともなりました

…何が言いたいかというと、

ライブ、良いですよ!!

もちろんライブ以外でも有りですし、響さんに限ったことでは無いですし、とにかく自分の興味を持ったことから何か広がる瞬間は素敵です。今ではあのライブにも、その時ふら〜っとお邪魔した過去の自分にも心から感謝しています(自画自賛w)。自分の懐等(今記事では深く触れません)と相談した上で何か広がる、そんな機会が色んな方にもあると良いですなと願っております(^^


本日はニューアルバム"TAKE OVER YOU"、そして"浸り酒"発売,発表おめでとうございます。


ソフマップさんのリリイベ行きたかったっす……




今月は精力的に全国各地でリリイベを開催して下さる模様!機会がありそうな方は是非に(*´ω`*)


そして6月公開の「映画 フレームアームズ・ガール~きゃっきゃうふふなワンダーランド~」楽しみにしております。
来年のBirthday Liveは劇場版の曲が聞けるのかなぁ???とニヤニヤしております!!(振り)

まだちょっと寒いですのでお身体に気を付けてお過ごし下さい(^^)

Thank you for TAKE OVER ME!!

コメント

お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

プロフィール

HN:
キムチ
性別:
非公開

P R