2019.06.29 劇場版FA.G舞台挨拶 シネマサンシャイン池袋 13:15上映後レポ

劇場版FA.G舞台挨拶 シネマサンシャイン池袋 13:15上映後
(司会:杉山学 登壇者:佳穂成美,綾瀬有,長江里加,山崎エリイ)

※筆者の雑メモ書き起こしなので差異、解釈間違い、筆者の個人的な感想等あります。作品のネタバレ等もご注意下さい。表記は一部敬称略とさせて頂きます。


























































劇場公開記念舞台挨拶ということで、全10回予定されている内の3回目、会場としては2箇所目のシネマサンシャイン池袋の舞台挨拶に行って参りました。
筆者個人としては、1回目の新宿から副都心線を利用しての移動です。本日の東京は雨模様でしたが、休日ということで駅も路上も人、人、人で賑わっておりました。



◾︎出演者登壇◾︎

杉P「どうもー!」
司会の杉山プロデューサー登壇です。バルト9の1回目では杉Pが左端にポジションを取っていらしたのですが、出入り口の関係上、今回は逆に右端へ。そして今回も"プロデューサー兼ファクトリーアドバンスゼロの〜"という自己紹介で、推し進めておりました(^^

杉Pの進行で佳穂さん、綾瀬さん、長江さん、山崎さんが登壇。
客席からの視点ですと
左) 山崎 長江 綾瀬 佳穂 杉P (右
こんな感じです。

長江「あー。あー。入ってる?」
マイクが不調の様ですが、長江さんと山崎さんが寄り添って確認してる姿はとても可愛いかったです。
そしてキャスト一人一人自己紹介。

綾瀬「高い所から失礼します。スティレット役の綾瀬有です」
今回は客席前方から後方に掛けてほぼ平らな造りの会場で、ステージも客席から見上げる位置となっておりました。そして気遣い綾瀬さんは今日も素敵です。

長江「箱の中身はなんだったでしょうか?バーゼラルド役の長江里加です」
この回の舞台挨拶も劇場版鑑賞後なので、ネタバレ等気にせずの進行模様となりました。

杉P「舞台挨拶でも回を追うごとに成長を期待してくれたら良いなと思います。本日は宜しくお願いします!」

杉P「…何も気にしなくて喋れますね!日笠さんが居ないと、何も気にしなくて喋れる!」
会場:笑
綾瀬「チクりますよー?」
長江「後輩がチクるぞーw」
本日の舞台挨拶1,2回目のバルト9ではFAガールイベントではレアキャラの日笠さんがいらっしゃったのですが(筆者は移動の為2回目不参加)、1回目では「導入が長い!」や、「折角女の子達が来てるのにおじさん達だけで盛り上がらないで!」等、杉Pはペースを乱されていましたので、そのことをネタに会場を盛り上げてくれましたw

杉P「ということで劇場版観て頂きましたが、マテリアから始まりました。ねぇ山崎さん?」
山崎「まさかのマテリアからでしたね。箱を持って来て」
杉P「これキッカケで物語が進みました」
山崎「台本頂いて読んだ時、まさかのマテリアから始まってて、『いや、そんな筈無いだろ?』と思ってもう一度読んだのですが、やっぱりマテリアでした(笑)」
佳穂「予告もマテリアからだった」
山崎「先生役とは言え、そこから始まるのでキーポイントです」



◾︎「箱の中身はなんだろな?」トーク◾︎

杉P「そのシーンのオマージュとなる箱を本日持って来ました。」
劇場版に登場した緑のウドラ箱が登場。箱から紙を弾き、そこに書かれているお題でトークするコーナーです。

ここで繋ぎのプチトーク展開。
杉P「それにしても、熱く緩く、しがらみ無く、ツルツルと進められますね、お母さん(あお役の日笠さん)が居ないと!(本日2回目´∀`)」
会場:笑
長江「あおちゃん居ない〜」
綾瀬「さっき怒られてましたからねぇ」

そんなこんなで、箱から弾ける準備が整いました。
長江「有ちゃんいく?」
杉P「綾瀬さんいきますか」
ということで綾瀬さんが箱から弾きました。

①【戦闘シーンについて】

綾瀬「戦闘シーンと言えばマテリアの声について(※のエピソードがありまして。的な振りを山崎さんにしたような)」
山崎「最初、マテリアの戦闘シーンの声がどうしても怖い雰囲気になってしまって…」
佳穂「…あ!」
佳穂さん、何かを思い付いた様子。
山崎「私的には”(クロに支えられてのシロの)回し蹴り”が好きなんですけど、その回し蹴りでマテリアらしい演技が出来て良かったです」
綾瀬「マテリアらしい可愛げのあるエリイちゃんの演技が、あの戦闘シーンをつくり上げました!」
そんなエピソードがあったのですね!会場からは拍手が送られておりました(^^

綾瀬(佳穂さんに)「私達のキャラは【戦闘シーンについて】どうだった?」
佳穂「フレズのこと話そうと思ってた」
会場:笑
佳穂「キャストの”りか(里果)”さんと話してたんですけど」
長江「阿部”りか(里果)”さんね(会場の方々への補足)」
佳穂「『(フレズとは互いにバトルを意識し合った怖い関係だったので)早く日常回をやりたいね〜』と話していました。それが出来て嬉しかったです」
綾瀬「嬉しい?」
佳穂「(今日有ちゃんと)髪の色一緒で嬉しい」
会場:笑
※杉P、綾瀬さんにフォローを頼み、綾瀬さんは何とかフォロー出来てた(?)ような…ここのメモ自信無いですが、佳穂さんが話したいことを話せて嬉しい様子は伝わって来ました(^^

杉P「長江さんは【戦闘シーンについて】どうでした?」
長江「バーゼの戦闘シーンは第2話だけでしたが、ニー太郎に乗って『ロデオだー!』と叫びながらあおの部屋を破壊したり…」(※バトルは1度だけだったけれど他が楽しかったというような話をされていた気がします。ここのメモ自信無いです。)

杉P「川口監督は構成として『バトルは基本2分30秒以内!』『Aパート!Bパート!バトルをちょっと!』と言っていました」
キャスト陣「へぇ〜!!!!」
綾瀬「それはウルトラマン的なお約束?(笑)」
杉P「話を面白くする為の決まり事でした」

続いて長江さんが弾きました。
長江さん(箱に手を突っ込み)「あああー!!!!!(場を盛り上げる為のオーバーリアクション)」←先程のバルト9の回でもやってたんですかね?w
佳穂・綾瀬「じょうず〜!!」

②【私あのシーン頑張りました】

長江「アドリブですね。『イェーイ!』とか『にゃははー!』とかネタが尽きそうになりましたが、そこは声優の腕の見せ所ということで頑張りました!」
佳穂「バーゼのお部屋づくりのシーンで、『いぇーい!ぐるぐるわーい!』の所とか」
長江「あそこはヤケクソでしたね(笑)『ここがいいー!』『かいてきー!』『すみやすーい!』とか絞り出しました。皆さんは【私あのシーン頑張りました】どうですか?」

佳穂「エリイちゃんの漫才(の演技)に対して迅雷役のミナミさんが笑う(演技の)シーンがあるのですが、ミナミさんの笑いがリアルで、それを笑わないよう堪えることを頑張りました(笑)」
山崎「同じく!」
佳穂「あそこのシーン良かった」

杉P「綾瀬さんは?」
綾瀬「やっぱりツッコミですかね?」
長江「ツッコんでしかいないw」
綾瀬「途中、もうちょっと欲しい(というディレクションがあった)とか」
長江「『もうちょっとオーバーに』とか言われてた」
綾瀬「私だけエナジードリンク飲んで、息切れして、(ツッコミ慣れしたので)成ちゃんがおかしなことするとすぐにツッコめるようになった(佳穂さんの方を見ながら)私頑張ったよね?」
会場:拍手
綾瀬さんはFAガールキャストトークでは外せないツッコミキャラとなりました(^^

杉P「新作パート(?)はどうでしたか?」←(メモ、かなり自信ありません。)
佳穂「新作パート?… 新作パート?」
杉P「はい、次!」
佳穂さん、答えられず綾瀬さんへ
綾瀬「キャラがスルッと動いて(凄いと思い)ました!」
会場:拍手
綾瀬さん、即座に答えていらして流石でした←(ここのメモが酷いので内容が大分違うかもですが…)
佳穂「同じく!」
杉P「長江さんは?」
長江「同じく!(同調)」
杉P「何が『同じく!』なのか分からなくなって来たよ!」

佳穂「そう言えばエリイちゃん、あの話して良い?」
山崎「?」
佳穂「エリイちゃんはいつもアフレコの時に『こういうポーズ(←片膝を曲げる実演)』取ってるなって思ってました」
綾瀬「エリイちゃん、足片方曲げてましたね」
山崎さん、恥じらいながら実演して下さり、
山崎「わざと不安定にすることでマテリアを演じていました。(実演するの)恥ずかしいですね…」
筆者、『阿部里果さん!観ているかー?!!』と、勝手に盛り上がっておりましたw
その後、綾瀬さんが”不安定”について何か言及された後、佳穂さんが、
佳穂「そうそう」
と頷き、
綾瀬「分かってる!?」
会場:笑
という風に盛り上がっておりましたが、メモに自信がありません。。その後、杉Pが収録時に音監の飯田さんが発言(?)されてたことを話しておりましたが、こちらも解読出来ず。。因みにこの間、綾瀬さんにツッコまれた佳穂さんは「ふぉぉぉ〜」と唸っていらしたのは何とか解読致しました。(思い出せず辛い…)

次は山崎さんが弾くことに。
杉P「山崎さん?分かってますね?」
と促すと、
山崎「うわぁ〜!!!!(オーバーリアクション)」
会場:笑
山崎「箱の中身は何かしら?」
劇場版台詞、ありがとうございますm(_ _)m

③【私のキャラのここが可愛い】

山崎「ん〜〜〜(思考中)」←とても可愛い
山崎「基本はツンとしていますが、意外とノリが良い所ですかね。前向きと言いますか、(話が進む上で)そこが発信源となっていることもあります。『やってみましょ』→『そうしましょ』みたいな感じで。意外とピュアで素直な所が可愛いです」
長江「ムードメーカー的な存在」

杉P「長江さんは【私のキャラのここが可愛い】どうですか?」
長江「バーゼは何をやっても許される所ですかね。ロリっ子でウザキャラですが、ドジな一面もある。『バーゼは(単純に目の前のことを)楽しんでいるだけなのデス!!』」
綾瀬「デス!!」
佳穂「デス!!」
何故かお三方でリレーw

杉P「綾瀬さんは【私のキャラのここが可愛い】?」
綾瀬「都合の良いと言いますか、ちょろいと言いますか…」
長江「都合の良いw」
綾瀬「都合の良いw私自身も”ちょろ瀬”と呼ばれたり」
佳穂「可愛い!」
綾瀬「”ちょろ瀬”…今のだと”私自身が可愛い”話になっちゃいますね(笑)」

杉P「佳穂さんは【私のキャラのここが可愛い】?」
佳穂「轟雷はあおが好きな所ですね。それから、Twitter?…LINEですか、轟雷(ZERO)いるじゃないですか?私、アニメ目線での捉え方で会話したら全然違って、イラッとしました(笑)」
綾瀬「まだ轟雷ZERO体験してない方は是非!今がやり時です!」
佳穂「あれは(アニメとは違う)別の轟雷です」
杉P「gooのAIと繋ぐことで進歩しました。アニメでフレズヴェルクが言ってた『独立独歩』の存在になると思います。」



◾︎プレゼント抽選◾︎
今回もチケット半券を使用した抽選会が行われました(お決まりのウドラ箱にて)
サイン入りパンフ×2をスタッフさんから受け取る山崎さん。気持ちを込めている動作は天使のようです(^^
山崎さんから長江さんへ手渡されました。
長江「にゃはは!」
次に綾瀬さんへ。
綾瀬「ぎゅーっ!!」
続いて佳穂さんへ。
佳穂「ギューッ!!」
佳穂さん、それを杉Pへw
杉P「(笑)いや、それおかしいでしょ!」
会場:笑
自然な流れで左から右へとパスされていく中、最後の最後に佳穂さんグッジョブです!(筆者、杉Pがノリでハグする姿も観たかったな〜と振り返ってみたりw)

先ずは佳穂さんから弾くことに。
杉P「佳穂さん、分かってますね?」
佳穂「ゾァーー!!!!」←かわゆい
杉P「恒例行事ですね」

…。

杉P「次は綾瀬さん」
綾瀬さん「ファーー!!!!」←かわいい

…。

当選された方々おめでとうございます!

杉P「ということで、キャストサイン入りパンフレット抽選会でした!」
綾瀬「ハグ入り」
佳穂「新しい」
杉P「新しい」



◾︎キャストてぬぐい投げ&挨拶◾︎
杉P「はい、そろそろ公開記念舞台挨拶終了のお時間が迫って参りました」
キャスト,会場「えーー!!!!!」
…という、よくあるのフリも楽しみつつ、前回も実施された手ぬぐい投げへ。因みに杉Pによりますと、『てぬぐいで拭く→福を撒く』という意味も込められているそうな。今回もバルト9の初回と同じく緑のウドラてぬぐいが用意されました。

杉P「キャストのサイン入りです!」
長江「(サイン)書きました!」
杉P「では順番に投げていきましょうか」
佳穂「杉Pとジャンケンして残った人が貰うってのは?」
杉P「それは流石に長くなるかな…」
実現はしませんでしたが、キャパを考慮した上で提案して下さる佳穂さん優しいです(^^

佳穂さん,綾瀬さん投了後(←あれ、”投了”って意味が違うような…まぁいっか![あおちゃん])長江さんが客席のほぼ最後部への大遠投!!
長江「けっこう飛んだー!!」
会場:大歓声
杉P「今日の最高記録!」
山崎さんも続いて投了(使い方違う気がしますw)しました。
佳穂「すごい!!」

全員投了(←もういっかw)したので挨拶へ。
杉P「では佳穂さんから挨拶をお願いします」
佳穂「投げるって大変だったです!」
綾瀬「おい!」
杉P「違うw」
何を喋って良いか戸惑っている佳穂さん、綾瀬さんに助けを求めました。
→綾瀬さん横から耳打ち
→佳穂さんはそのまま喋りますw
佳穂(綾瀬)「…来てくれてありがとうございます…パンフレットも…ブルーレイも沢山買って下さい」
会場:笑
筆者、めちゃくちゃ笑いましたwwww
杉P「もう皆さんにはネタバレOKですよね(劇場版鑑賞後の回の為)ゼルフィカールとXF-3も買って下さいね!」
佳穂「とのことです!」

綾瀬「えっと、スティレットと佳穂成美のゴーストライター役の綾瀬有です!」
会場:笑
『佳穂成美のゴーストライター』で流行語狙える気がしますwwww
綾瀬「さっき成ちゃんが言ってたように(←笑)多々買って下さると嬉しいです。FAガールを見てくれて、応援してくれてありがとうございます!」

長江「わー皆さんありがとうございました!…すごい楽しくて…是非、応援上映…?」
会場「やりたい!」
綾瀬「やりたい!」
長江「有ちゃん大好き応援上映が実現したら良いですね!」

杉P「続いて山崎さん」
山崎「今日は来てくれて、こういう場に立たせてくれてありがとうございます。色々初めてなことがあって凄く楽しかったです」
長江「地団駄踏むエリイ様が見れた」
山崎「今日はここ(客席最前列を示す)に座って観たかったです(笑)」
長江「ダメダメ!!」
山崎「(FAガールは)色んなコンテンツがあって、(アニメ以外にも)プラモデルやカナガタ・デイズ等、充実していますのでそれらも宜しくお願いします!」
マイクを両手持ちしている山崎さん、とても可愛いかったです^^



◾︎終わりに◾︎

杉P「ありがとうございました!(挨拶の中にありました)応援上映ですが…」
会場「やってー!!」
杉P「どこの部分で応援すれば良いんですかね?」
綾瀬「まずは”KOTOBUKIYA”のロゴが出たら叫びますよね」
杉P「そこで『ゆるさんぞコトブキヤ!』ですよね。何かあれば『ゆるさんぞコトブキヤ!』で」

杉P「ということで、そろそろキャストの皆さんには退場して頂きます!今回登壇して頂いたのはこの方々です!」
佳穂「轟雷役の佳穂成美と」
綾瀬「スティレット役の綾瀬有と」
長江「バーゼラルド役の長江里加と」
山崎「…えっと…なんだっけ?」
会場:笑
今回は山崎さん回のようで( ^ω^ )

出演者退場後、
杉P「山崎さんはお客さんモードでしたね!」
杉Pからはバルト9の時同様、てぬぐいは洗わないように!と。それから『#マイFAガール』投稿にも使えるディスプレイ(あお&轟雷)の案内がありました。



◾︎スクリーン内でのFAガール撮影会◾︎

上映時間と劇場名と『#FAガールまみれですよ』が表示されたスクリーンでの撮影時間が設けられました(初回のバルト9では未実施)皆さんお持ちになられたうちの子と劇場内で記念撮影が出来るレアなイベントとなりました!撮影に関しては、手に持ったうちの子とスクリーンの距離が離れている為、ピント調整が難しい様でしたΣ( ̄。 ̄ノ)ノ

杉Pが最後に挨拶です。
杉P「色々ありましたが、こういう形で皆さんにお届け出来て良かったです。(この作品に関しては)一番最後に出た台詞が全てです。FAガールは終わらない物語です。これからも皆様は皆様のステージで。私は私のステージで。それぞれ戦って行きましょう。そしてまたいつか皆様とこのような場所でお会い出来る日を楽しみにしております。本日はありがとうございました!」

進行を妨げる(←表現w)お母さんが不在の中、初回のバルト9とはまた違った舞台挨拶に参加させて頂きました。今回は山崎さん大活躍でした(´∀`)

また別の記事にて他の舞台挨拶レポートを掲載したいと思います。

コメント

お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

プロフィール

HN:
キムチ
性別:
非公開

P R